2009年07月24日

すごく…駄文です…。

今日の日記は本当につまらない内容です。
読まなくても可。




ボクって人間は、何かが壊れる瞬間、その一瞬に何か美のようなものを感じてしまう困った人間かもしれなくてですね。


ビルの解体工事やトランプタワーを崩す時なんかはある種のエクスタシーのようなものが湧いてきますし、
歴史を遡って幼稚園の頃には、積み木を組み立てるよりも壊す方が好きな子供だった。


暴論ではあるけど、花火だって丹誠込めて作った尺玉が爆発する瞬間、最高に光り輝く一瞬になる。

バスケットシューズが壊れて使えなくなった時だって少しセンチな感情を抱きつつも爽快感に包まれていたし、
シャボン玉が割れる時にはふんわりとした気持ちになる。


そう考えると、何かが壊れるってそう悪い面ばかりじゃないな、って思うんです。
そこに『美』が感じられるなら…。


昨日の話です。





携帯が壊れた。
完全にメールしかできない。

クーラーが壊れた。
そよ風しか出てこない。

お腹も壊した。
水便しか出てこない。



美しくなんて、ない。
壊さないのが一番。
posted by ざっきー at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。